お葬式の流れ


◆ 一般的な臨終後の流れ

① まずはご連絡下さいませ

「あこう典礼館 花みずき」までご連絡下さい
■寝台車にて指定場所までお迎えに参ります
■必ず医師より「死亡診断書」をお受け取り下さい

② 搬送/指定場所へご安置致します

■自宅安置の場合は敷布団のご用意をお願い致します
※会館へ直接の入場の場合は当社にて準備致します
■枕飾りやドライアイスの準備を致します
■日取りの確認/市役所(火葬場)の仮予約
※当社にて行います
■ご寺院様などへのご連絡/日程の確認
■葬儀の形式などの確認
※宗派/故人の遺志/ご家族の希望などの内容確認
■ご親族・ご親戚様などへのご連絡
■隣保様・世話役へのご連絡

③ 内容再確認/お打ち合わせを致します

■葬家担当者がお伺い致します
■搬送時確認事項の再確認と詳細の決定
■お供物・供花などの取りまとめ
■市役所への死亡届の提出
※当社にて行います

④ ご納棺後のご移動となります

■安置場所にてご遺体様をお棺へとお納め致します
■葬儀場へとご移動いたします

⑤ お通夜式

■担当者による流れの説明
■定刻開式
■ご焼香 親族 ⇒ 一般
■お礼のご挨拶
■閉式
■会食の用意をし「通夜振る舞い」を行います

⑥ 葬儀/告別式/出棺

■司会者による焼香順位・弔電の確認及び流れの説明
■定刻開式
■ご焼香 親族  ⇒  来賓代表  ⇒  一般
■お礼のご挨拶
■お別れ
■出棺

⑦ 火葬

■火葬場にて最後の対面となります

⑧ お斎(おとき)/精進落とし

■ご親族様/お手伝いの方々へのお食事の準備
※火葬場からのお戻りに合わせてご準備となります
★精進落としとは もともと四十九日の忌明けを迎えた
家族が食べる食事のことでした
身内に不幸があると 家族は四十九日間喪に服し故人の
供養に専念しました
肉や魚を断ち 殺生をしない精進料理を食べて身を慎み
忌明けと共に通常の食事に戻した事から 四十九日法要
で出されるお斎を「精進落とし」と呼ぶようになった
現在は四十九日間身を慎むというような風習はなくなり
葬儀や火葬を終えた後振舞われる食事の事を精進落とし
と呼ぶようになりました

⑨ 後飾り

■ご自宅にお骨の安置場所の設置を致します
※満中陰法要後不要であれば当社にて処分致します

⑩ お骨上げ

■収骨は時間厳守ですので係員の指示に従って下さい

⑪ 灰葬/初七日

■お骨上げ後所定の場所へご寺院様をお招き致します
※初七日は遠方の方々に配慮し灰葬後行う事が多い

⑫ 満中陰志

■忌明けに合わせて「香典返し」を準備致します
※当社の「ギフト ココマルコ」にてお承り致します
※当日にお返しを済ませる「即日返し」もございます

⑬ 喪中とは

■一般にお亡くなりになって1年間を喪中とします
※故人様との続柄にて異なる場合がございます
■喪中ハガキ(年賀欠礼)は12月10日迄に出しましょう

その他ご不明な点はお気軽にお問合せ下さいませ